AYUTANINATUYA

20代の工場作業員だってこんなことを考えている

Shadowverse「えっなんか今不正あったかでも?」

 鮎谷ナツヤです。生放送ではデジタルTCG【Shadowverse】のランクマッチでヴァンパイアの強力な新カード「昏き底より出でる者」に圧倒される毎日です。そんな中で珍しくノーコンテストとなったので、その切り抜きの動画を投稿しました。
 
 Shadowverseにおけるノーコンテスト無効試合)は以下のようになっています。 
  • メンテナンス期間中のバトルやカードの不具合などによって発生する
  • 引き分けになり、ランクマッチでもBP・MPの変化が起こらない
  • 運営に対して意見・不正報告を行うことができる
 そして、今回の対戦でなぜノーコンテストになったのかを考えてみました。

iSyncr

 スマホの機種変更をしたので、新しい機種(ワイモバイル・SHARP AQUOS CRYSTAL Y 402SH)に音楽ファイルを同期させている。
 
 自分は電車での通勤中に音楽を聴くし、自宅に帰ってパソコンでブログを更新するときにも音楽を聴く。中学生の時から勉強中は常に音楽を垂れ流していたせいで、無音だと集中力が落ちるタイプだ。
 高校生の頃にMP3プレイヤーを手に入れて、それからパソコンでの音楽を”管理する”という作業が始まった。MP3プレイヤーはCDやMDに比べればはるかにコンパクトだけど、その容量はたしか256MBくらいで、アルバムだと3枚しか入らない。40分を超える長距離自転車通学だったのもあり、プレイヤーの中身を頻繁に入れ替えたり、各アーティストのベストアルバムの中からさらに選別して自分だけのベスト・オブ・ベストを作ったりしていた。そしてレンタルCDショップに寄り道して、旧作になりたての新譜をこぞって借りてはパソコンに取り込んでMP3プレイヤーに入れてゆく。今思うとなかなか楽しい日々を送っていた時期だった。
続きを読む

Shadowverse「これが疾走ビショップちゃんですか」

 鮎谷ナツヤです。生放送ではデジタルTCG【Shadowverse】のランクマッチでしのぎを削る日々です。また、その切り抜きの動画を投稿しました。そして少し気持ちを落ち着かせるためにも、現在使用しているデッキを公開して、さらには今後の展望なども考えてみたいと思います。
 
 まず、現在使用しているデッキは以下の通りです。
 
お茶会ガルラ(疾走ビショップ)

f:id:ayutani728:20170704200806j:plain

詠唱:聖なる願い*3
スノーホワイトプリンセス*3
天界の忠犬*3
漆黒の法典*3
気高き教理*2
詠唱:獣姫の呼び声*3
プリズムプリースト*2
風の軍神・グリームニル*2
詠唱:神鳥の呼び笛*3
鉄槌の僧侶*2
ウルズ*2
神魔裁判所*2
エンシェントレオスピリット*2
三月ウサギのお茶会*3
天空の守護者・ガルラ*3
ダークジャンヌ*2
 以前は「風の軍神・グリームニル」や「エンシェントレオスピリット」が抜けていて、代わりに「詠唱:白翼への祈り」や「鳥飼いの使徒」が入っていたのですが、横並びの展開に弱かったので現状の形になっています。
続きを読む

アニメ『リトルウィッチアカデミア』感想

f:id:ayutani728:20170702231852j:plain

 2017年1月から放送されていたTVアニメ『リトルウィッチアカデミア』(全25話)を見終えまして、感想を綴ります。
 

アニメ・リトルウィッチアカデミア・あらすじ

幼い頃にシャイニィシャリオの魔法ショーを見て魔女になることを夢見たアッコはシャリオと同じ伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学する。新しい町、新たに始まる学校生活、そして新たに出会う友達。
魔女学校の中でほうきの飛行授業や魔法にまつわる不思議な授業など、魔女学校ならではの授業の中でアッコやロッテ、スーシィたちが大騒動を巻き起こす!
ルーナノヴァを巻き込んだアッコの魔女への第一歩が今から始まる。
(TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』公式サイト・Story・Introductionより引用)
 ちなみに、『リトルウィッチアカデミア』は2013年に短編アニメーションとして製作され(アニメミライ版)、さらには2015年に映画『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』が公開されました。今回のTVシリーズ版『リトルウィッチアカデミア』は完全新作であり、過去2作品を見ていなくても楽しむことができます(TVシリーズ版はアニメミライ版と映画版から設定が若干変更され、ストーリーも一部吸収した形になっている)。

格安スマホ

f:id:ayutani728:20170624200414j:plain

 先日から新しいスマートフォンを使い始めました。いわゆる格安スマホで、ワイモバイル・SHARP AQUOS CRYSTAL Yの402SHです。
 備忘録的に機種変更の経緯を書き綴ってゆきます。
 
 まず402SHが2015年7月に発売である機種なのですが、これには事情がありまして、もとは父親が契約していた機種でした。
 父は2015年に脳溢血で倒れ、身体に障害が残りました。それに伴って要介護者になったわけですが、母親(父の妻)は1日中自宅にいるわけではなく、また自宅内でも就寝中などに何か用があった場合に手伝いを呼ぶことができなかったため、その連絡手段としてスマホを持ちました。正確にいうと、以前はdocomoスマートフォンを使用していましたが、介護費用で経済的に苦しくなったので格安スマホに乗り換えたわけです。ですが予想以上に障害が重く、スマホの操作を覚えること、あるいは実際に操作することが難しかったので、妻との連絡手段という目的は果たせませんでした。一方で、スマホの2年契約を破棄するには月賦の機種代と契約違約金の両方を支払わないといけないため、結果として402SHは誰にも使われず製品ケースの中で眠ったままになっていました。
 
 そういった事情を今更ながらに自分は知り、月々の障害年金や家に収めたお金が使いもしないスマホ代に浪費されているのが我慢ならなかったので、自分が使っていたスマホの契約を解除し、父のスマホを使い始めました。自分が使っていたのは、docomoSONY XPERIA Z SO-02Eで、ガジェット知識に精通しているわけではないですが、このSO-02Eは名機だったと思っています。デザイン・操作性ともに優れていて、高い通信料され支払えばどんなことでもできる素晴らしい機種でした。ただ使い始めて4年が経過したためにバッテリーの消耗が早くなってきたのと、自分自身の財布事情もありまして、docomoとは4年契約で打ち切り、前述のワイモバイルと契約しました。
 ちなみにワイモバイルと契約した、というより父の契約を名義変更した、というのが正しい内容です。変更手数料として3000円かかったのが少し不満でした。