AYUTANINATUYA

脱サラ・アラサー大学院生。愛知県在住。日記と、趣味のゲーム・書籍・漫画などのサブカルを発信してます。

<物語>シリーズぷくぷく感想

f:id:ayutani728:20180903183055j:plain

 iOS/Androidスマートフォン向けゲームアプリ『<物語>シリーズ ぷくぷく』を遊んでみました。

 

<物語>シリーズ ぷくぷく

〈物語〉シリーズに登場する"阿良々木暦(あららぎこよみ)"や"戦場ヶ原(せんじょうがはら)ひたぎ"、"忍野忍(おしのしのぶ)"たちが可愛い"ぷく"になった! "ぷく"をなぞってつなげると大きくなり、一定の大きさになったら自動ではじけて周りの"ぷく"がサイズアップ! 上手くはじけると大連鎖! パズル中はアニメで人気の豪華声優陣によるボイスが、にぎやかにパズルを彩るよ!("ぷく"を所持している必要があります)

【ステージ】
・各ステージごとの目標スコアを達成するとクリア! どんどん先に進みストーリーを読み進めよう!
・ステージを進めると、シリーズでおなじみの建物が街に登場!

【スキル】
・"ぷく"は各々のキャラクター性に沿った個性豊かなスキルが使えるよ!
・ゲーム内で入手できるアイテム"想絵馬(おもいえま)"も個性豊かなスキルを持っているよ。二つのスキルを組み合わせて、ハイスコアを目指そう!

【ランキング】
・ぷくぷくのランキングは「キャラクター」ごと!自分のお気に入りぷくを育てて、他プレイヤーとスコアを競うことができるよ。

【出演声優陣】 ※敬称略 五十音順
井口裕香 井上麻里奈 加藤英美里 神谷浩史 喜多村英梨 斎藤千和 坂本真綾 櫻井孝宏 沢城みゆき 花澤香菜 早見沙織 堀江由衣 水橋かおり ほか

テーマソング:「wicked prince」
アーティスト:「princess à la mode」
App Storeより引用)

 ちなみに自身のプロフィールとして、原作小説<物語>シリーズは現在最新作『宵物語』を含む主本編全24巻を読了済み、アニメシリーズは『終物語』まで視聴済みです。また『ぷくぷく』の開発元であるNHN PlayArtの過去開発パズルゲームアプリ『LINE:ディズニーツムツム』、『妖怪ウォッチぷにぷに』に関しては後者のみプレイ経験があります。

 

『ぷくぷく』の感想を端的にまとめると以下の通りです。

良いところ
  • <物語>シリーズファンにうってつけの内容
  • 画面中央集中型の見やすいゲームシステム
  • 各キャラ毎に配慮されたランキング
  • フレンド関係が整備されている
  • 無課金でもそこそこ楽しめる
悪いところ
  • パズルゲームの必然性がない
  • 原作小説やアニメを知らないと楽しみにくい
  • ボスステージが説明不足
  • 累計ミッションがつまらない
  • キャラ差がひどい
  • ガチャの確率を絞りすぎている・ガチャの天井がない
  • リセマラに配慮されていない
  • 課金のメリットが薄い
  • 特別イラストの質が低い
  • 通信エラーが多い
  • 配信運営に不安がある

 

良いところ

<物語>シリーズファンにうってつけの内容

f:id:ayutani728:20180903183426j:plain

『ぷくぷく』では『化物語』のストーリーをなぞるように各ステージにてパズルゲームをプレイしてゆきます。そしてステージをクリアするごとに物語が進んでいゆき、要所でアニメのワンシーンが挿入されるなど、小説やアニメの追体験をしている気分になれます。
 またパズルでは、<物語>シリーズのキャラクターが可愛くデフォルメされた”ぷく”を操って連鎖を重ねるゲーム的な面白さに加えて、出演声優陣による掛け声、そしてスキル使用時には特別イラストの挿入と、<物語>シリーズの世界観に没頭してゆく楽しさが醸し出せています。 

 

画面中央集中型の見やすいゲームシステム

f:id:ayutani728:20180903234649j:plain

『ぷくぷく』では画面中央に”アララギくん”が配置され、その周りに引き寄せられてくる”ぷく”を繋げて消してゆくスタイルのパズルゲームです。つまりは"落ちゲー"ではないため画面下部をそれほど注視する必要がなく、中央を中心に視線が少し上下左右に移動するだけなので、パズルゲーム初心者でもすぐに馴染みやすいです。また視線移動が少ないので目への疲労も少なく、ゲームに集中しやすいです。いっぽうで”ぷく”は上下左右からどんどん集まってきてそれらを手早く把握する必要があり、パズルの奥深さも持ち合わせています。 

 

各キャラ毎に配慮されたランキング

f:id:ayutani728:20180903234332j:plain
<物語>シリーズには数々のキャラクターが登場し、そして『ぷくぷく』では彼ら彼女らに様々なスキルやスコアが付与されています。そのような状況の中で多少の性能差が存在するのは残念なことですが、それを考慮してスコアランキングでは各キャラ毎に部門が別れています。なので「好きなキャラは戦場ヶ原ひたぎだけど、ゲームスコアを伸ばしやすい千石撫子を使う」というような選択を取ることなく、いわゆるプレイヤーの”推しキャラ”でパズルができます。 

 

フレンド関係が整備されている

f:id:ayutani728:20180903234605j:plain

『ぷくぷく』ではパズルを1回プレイするごとに”ハードドーナツ”が減ってゆき、そのドーナツがゼロになるとパズルがプレイできなくなります。ドーナツを手に入れる方法は、主に10分に1個の自動回復を待つか、フレンドにドーナツを送ってもらうかの方法があります。ゆえに多くのプレイヤーはフレンドを募集することになるのですが、『ぷくぷく』アプリ内で自動的におすすめフレンドを紹介する機能があり、各種SNS掲示板でフレンド募集をかける手間がかかりません。
 またフレンドが設定する”アシストぷく”は自身のパズルプレイでアシスト機能として活用することもでき、プレイヤー間の緩い交流・協力を自然と促す仕組みができあがっています。 

 

無課金でもそこそこ楽しめる

 フレンドから得たドーナツでパズルをプレイし、クリア報酬のコインを貯めてガチャを回し、ガチャで出た”ぷく札”や”想絵馬”でキャラクターを成長させ、またパズルをプレイする、というサイクルがバランスよくできており、ゲームの上達が実感しやすいです。またその過程に課金は必要なく、"Pay to Win"というよりもプレイヤーの工夫とプレイスキル・プレイ時間にスコアが左右される内容です。

 

悪いところ

パズルゲームの必然性がない

f:id:ayutani728:20180903183639j:plain

『ぷくぷく』は物語を主導としたゲームであるのに、プレイヤーがパズルゲームをする必然性が描かれていません。別段、ストーリー性が希薄でただパズルのハイスコアを競う内容であったり、パズルプレイが何らかの理由によってストーリーを推し進める要因になっていたりすれば問題はありません。ですが『ぷくぷく』はパズルとは無縁な物語が進行してゆく一方で、プレイヤーはなぜか目標スコアをクリアするようパズルを要求される、という構図になっています。 

 

原作小説やアニメを知らないと楽しみにくい

 前項の続きで、物語に無関係なパズル要素を加えた結果、物語の部分が希薄になってつまらなくなってしまっています。原作小説そのものがアニメ化ができないよう意図的に複雑に書かれていますが、アニメ『化物語』では小説を巧みな構成で演出したので人気が出た経緯があります。しかし『ぷくぷく』はそこまで構成が練られておらず、というかストーリーの骨格のみを抽出して各パズルステージにおいて地の文やアニメーションで表現しているだけであり、そこからはストーリーの深い議論や各登場人物の掛け合いといったものが抜け落ちており、そして新たに何か加えているものもありません。ゆえに<物語>自体に面白みがなく、結果として原作小説やアニメを知らない人にとってはゲーム内だけではストーリーの背景の補完が行われず、またプレイヤーが自ら原作小説やアニメを見返すことも手間なゆえ、いわゆる新規層やライトユーザーを手放している状況となっています。 

 

ボスステージが説明不足

f:id:ayutani728:20180903183927j:plain

 ステージによっては「戦場ヶ原ひたぎを解放しよう」といったボスステージが設けられています。これはパズルプレイ中に出てくる"EXぷく"を何度か消してゲージをMAXまで貯めるとクリアできます。
 まず「解放しよう」なのに解放の方法が説明不足です。"EXぷく"の周りで他の"ぷく"の連鎖を起こしてサイズを大きくしたり、消去系のスキルを用いたりすることで"EXぷく"を消すことができますが、1回だけでなく複数回プレイしないと内容が理解できないステージになっています。
 またボスステージは複数個用意されており、ストーリーの後半の方がより高難易度に設定されているようですが、その度合がわかりません。難しさがわからないままクリアできなければ徒労感が増すだけであり、わからないままクリアしても達成感が得にくいだけです。"EXぷく"そのものは面白いので、その前後のサポートを充実さててほしいです。 

 

累計ミッションがつまらない

f:id:ayutani728:20180903235246j:plain

『ぷくぷく』の中には各ステージの目標スコアとは別にミッションというのが設けられています。目標よりも少しだけ高いスコアを目指すだけであったり、パズルプレイ中の「フィーバー」をX回発生させる、サイズXXのぷくをYY個消す、といったものもあります。ミッションを複数箇所達成するとゲーム内通貨やガチャチケットが貰える反面、ミッション内容によっては使用するキャラクターやスキルを適切に替えないと達成が難しいものもあり、ゲームのやり込み要素となっています。
 そしてその中に「累計ミッション」というものがあり、これは通常のミッションとは異なって複数回のパズルプレイの累積内容での達成を目指してゆきます。その累計ミッションの設定数値が大きすぎ、達成するのに同じパズルを十数回する必要もあるほどです。もちろん、使用キャラクター・スキル・プレイによっては多少緩和されますが、結局はパズルが作業となってしまい面白くないです。 

 

キャラ差がひどい

f:id:ayutani728:20180903234730j:plain

 前項のキャラクターの部分で触れたように、各キャラの性能差について、ゲームが配信開始されて間もない段階から格差が大きくなっています。いくらスコアランキングが別々に設けられているからといって、自分の愛用しているキャラよりスコアアタック向きのキャラを用いれば文字通り桁違いの結果を出すことができる状況は、プレイヤーの悩みの種となってしまいます。 

 

ガチャの確率を絞りすぎている・ガチャの天井がない

f:id:ayutani728:20180903184300j:plain

『ぷくぷく』にはどのキャラクターでパズルをプレイするかを選択する"ぷく札"と、選択した"ぷく札"のサポートスキルを選択する"想絵馬"があります。両方ともガチャによって手に入れる仕組みになっていて、想絵馬ガチャの最高レア★5の排出率は2%であり、さらに★5内で複数の絵馬があるために望みの絵馬が入手できるのは0.3%程度です。さらには期間限定で★5の想絵馬ガチャが実装され、ピックアップでやや確率が上がっているとはいえ、その排出率は0.6%となっています。またゲーム内にはガチャで重複した絵馬をトークン化し、一定量トークンで任意の想絵馬を入手できる手段もなく、欲しい絵馬があるならばひたすら運頼みでガチャを回し続けるしかない不便な内容になっています。 

 

リセマラに配慮されていない

『ぷくぷく』のゲームを開始してチュートリアルが終わるとガチャを回すことになり、この時点で目当ての"ぷく札"あるいは"想絵馬"をゲットできるまでゲームアプリのアンインストールとインストールを繰り返す"リセマラ"(リセットマラソン)があります。ハイスコアを出しやすいキャラクターや好きな"ぷく札"、レア度が高く強力な"想絵馬"を手に入れると序盤の進み具合がよくなるので、リセマラは行った方がいいと思います。ただ、リセマラの道のりが長いです。最近の別種のゲームでは初回のガチャに限って引き直しが可能となっており、時間・労力・通信量を小さく済ませることもできるのに比べると、『ぷくぷく』はリセマラが面倒なので新しいユーザーが取り付きにくい気がします。 

 

課金のメリットが薄い

f:id:ayutani728:20180903184052j:plain

 ゲーム内課金では"ぷくジェム"の購入ができ、前述の"ぷく札"あるいは"想絵馬"ガチャをするのに費やすことができます。ただそのジェムの獲得量が少なく(ガチャに必要なジェムが多く)、課金によって欲しいキャラクターなどを充実させることが難しくなっています。課金の影響が少ないことは、既存プレイヤー間で差が生じにくいこともあります。しかし仮に『ぷくぷく』リリースからある程度の時間が経過したところに新たなプレイヤーが加わろうとしても、古参プレイヤーとの差を課金をもってしても埋めにくく、結果としてユーザーの参加を諦めさせてしまう状況になってしまうかもしれません。 

 

特別イラストの質が低い

f:id:ayutani728:20180903234808j:plain
『ぷくぷく』ではアニメ『化物語』のキービジュアルおよび一部の抜粋シーンにより"ぷく札"・"想絵馬"・ステージが作られています。またゲーム起動画面および一部の"ぷく札"および"想絵馬"には特別書下ろしイラストが用いられています。この『ぷくぷく』書下ろしのイラストが、個人的な感触ではあるものの顔や体の各パーツのバランスがおかしく、総じて質が低く思います。アニメ・キービジュアルは元々美麗なのですが、並べて比較するとその差が際立ってしまうため、『ぷくぷく』オリジナルイラストにはもっと注力が必要だと思います。 

 

通信エラーが多い

f:id:ayutani728:20180903184345j:plain

『ぷくぷく』は各ステージを選択したりメニューを開いたりする際にネットワーク通信をしているようなのですが、この通信がよく途切れるのかエラーが多発します。エラーメッセージが表示された後でもう1度同じ動作をすると正常に事が進むのですが、この通信エラー表示があまりにも多すぎます(10回に2回くらい)。ゲームをしていてじわりとストレスが溜まってしまいます。

 

配信運営に不安がある

f:id:ayutani728:20180903234844j:plain

 じつは『ぷくぷく』の配信は当初2017年を予定されていましたが、ゲームクオリティアップを理由にリリースを延期し(公式ソース削除済み)、そして2018年8月に配信を開始した経緯があります。ゆえに提供元(AniplexとNHN PlayArt)に問題があったことが考えられます。また配信を開始してまもない段階から3日間イベント限定のガチャを実装してユーザーの射幸心を煽るなど、その運営体制に不安が残ります。現時点では大きなトラブルや緊急メンテナンスもなく、前述のイベント期間ものちに延長したことから適切な運営がなされていますが、近いうちにゲームインフレやサーバートラブルを起こして、人気が落ちないか心配な面もあります。

 

f:id:ayutani728:20180903235038j:plain

 パズルそのものは楽しいのですが、<物語>シリーズの世界観の再現が中途半端であり、好きでやっていないと続かないゲームになってしまっています。今のところApp StoreおよびGoogle Playでは★4以上の高評価を得ているようですが、そこでは「<物語>シリーズのゲームだからやる」という主旨のレビューが多く、つまり『ぷくぷく』はコンテンツの人気にぶら下がっているだけの状況といえます。またシステム面でも惜しい部分が多々あり、パズル以外の要素でユーザーを遠ざける要因を生じてしまっています。
 とはいえ、今後のアップデートやイベント運営によっては、今まで<物語>シリーズを知らなかった人も巻き込み、システム改善によってより快適なパズルプレイを実現することも夢ではないと思います。『ぷくぷく』の今後に期待したいです。 

 

〈物語〉シリーズ ぷくぷく

〈物語〉シリーズ ぷくぷく

Aniplex Inc.無料posted withアプリーチ