AYUTANINATUYA

脱サラ大学院生(20代)。愛知県在住。日記と、趣味のゲーム・書籍・漫画などのサブカルを発信してます。ニコニコ生放送にてよく投稿記事を生執筆している。

小説『忍物語』感想

f:id:ayutani728:20170812212019j:plain

 西尾維新による小説『忍物語』(講談社)を読みまして、感想を綴ります(ネタバレを含みます)。
 
小説『忍物語』あらすじ
“たまには縁もゆかりもない女子を助けてみるのも乙だろう”
 直江津高校の女子生徒が、相次いで失踪する事件が発生した。ミイラ化した状態で発見された少女達の首筋には、特徴的な傷痕があって――?
 大学一年生になった阿良々木暦は、犯人を突き止めるべく走り出す!
〈物語〉シリーズモンスターシーズン、開幕!
化物語』や『偽物語』から続く青春怪異ミステリの第23巻です。本巻は主人公である阿良々木暦の大学生編となる「モンスターシリーズ」の幕開けであり、阿良々木くんの大学一年生の頃が描かれます。
 大学生となったことで、新しい友達である食飼命日子が登場しますが、事件現場は母校の直江津高校であり、周りの登場人物にも忍野忍八九寺真宵神原駿河、臥煙伊豆子といったこれまでの面々が多いです。高校を卒業した阿良々木くんですが、未だに残る高校生の面影が拭えずに歯がゆい思いをする一方で、忍野や八九寺との掛け合いに懐かしさを覚えます。
 つまるところ、大学一年生という子供にも大人にもなりきれない中途半端さにもがき苦しむ阿良々木くんの話です。
 また新編の第一巻ということで、話はだいぶ広がりを見せる一方で、畳む風呂敷はやや少ない印象の『忍物語』でした。
 
 表紙には忍野忍が描かれていますが、ストーリーの柱としては阿良々木・ハートアンダーブレード(忍野忍)、そしてスーサイドマスターの三角関係が描かれます。なので本作と最も関連が深い前巻は『業物語』でしょう。

 

ストーリー
忍物語』のミステリとしては、直江津高校の女子バスケットボール部員がミイラ化する事件が発生し、その犯人を追う内容になっています。道中、容疑者と考えられていたスーサイドマスターまでミイラ化しており、さらなる捜査とスーサイドマスターの蘇生が行われます。
 犯人は、貼交帰依です。第一章の語り部であり第一の被害者ですが、スーサイドマスターが吸血しようとしたところ、なぜか吸血鬼側がミイラ化してしまい、貼交ちゃんが半吸血鬼化してしまいます。そして他の女子部員を襲い、1人を貼交自身に見立てたり、リビングメッセージを残したりと偽装工作をします。最後はあっさり影縫さんに押し潰されて人間に戻されるというオチです。
 
感想
 貼交ちゃんにはそれほど語るシーンが長くなく、また言動も特に大したことがないので、キャラが薄いです。なので彼女の犯行が止められたところで感動も起きず、読後感もあまりよくないのが正直な印象です。
 とはいっても貼交ちゃんも一度吸血鬼化した身なので、今後はそれなりに登場するキャラになり得ると思います。モンスターシーズンの後の外伝集で一短編くらい主役をもらうのではないでしょうか? その短編を読んだ後にまた『忍物語』を読むと感想が変わるかもしれません。
 
 他に付け加えるとしたら、著者である西尾維新氏の他の作品群である「戯言シリーズ」や「刀シリーズ」、「美少年シリーズ」とのクロスオーバー要素もあります(わからなくても読めます)。
 
 久しぶりに阿良々木くんが語り部の『忍物語』です。また新シリーズということで、オールドファンにも新規層にも親しみやすい一冊だと思います。