読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AYUTANINATUYA

20代の工場作業員だってこんなことを考えている

お知らせ:4月から地元の企業で働きます/2016年3月

鮎谷ナツヤです。はじめに、ここ数週間の更新をサボってしまって申し訳ないです。

端的にいって倦怠期に入っていました。(もう抜けつつあります。)

たぶん自分の本名をインターネット検索するとこのブログにたどり着けるはずなのですが、

リアルかネットかの知り合いはさておき、

ブログを見られて「こいつ更新してないじゃん、全然!」と思われるのが恥ずかしくて、

何かしらのアクションを起こしたい反面、自身が倦怠期であることは事実なので、

正直にいって何もせず時間の流れで解決したい気持ちもありまして、

なのでここまで報告が遅くなってしまいました。

まあ、これ以上に何もしないと1ヶ月未更新サイトに特有の広告バナーが出たり、

はてなブログの維持費がどんどんかさんだりして、

つまりは時間経過によって危機感が高まってきたから行動できたわけですが。

 

これから時間と文字をじっくりかけて説明してゆきますが、先に簡単にまとめますと、

4月から地元(愛知県)の企業で働きます。

前述の通り、自分のネットとリアルをうまく混ぜ合わせた場所として、

このブログは続けてゆくつもりなのですが、その度合いを考えているところです。

(なにせ働く気持ちはありましたけど、開設した当時の就職先は未定だったので……。)

別に自分はその会社の広報担当ではないので、宣伝する必要はないですし(する気もない)、

だったら「リアルな物事なんて持ち出さなくてもいいんじゃない?」とも思いますけど、

旅行記とか、悩み相談とか、読書の感想とか、そういう何気ない話は、

やっぱり普段の日常の大部分を占めている仕事とか学校とかの話がちらりとあると、

ちょっとだけ深みだったり親しみだったりが増す気がします。

もちろん、ネットとリアルをそれぞれのアカウントで個別に語りたい人も居て、

そういう方々に対して、違和感のようなものを与えてしまうのはすみませんと思います。

 

それと愚痴やネガティブなことを書いても、今までなら知り合いにただ伝わるだけですが、

これからは(守秘義務も含めた)利害関係にも影響するところが、とても残念なところです。

そういうことを考えると、しがらみのないプロブロガーやYouTuberなんかは

本当にうらやましいです。

でもそういう憧れを抱えつつ普通に働く、普通に学校に行くというのは、

やっぱり行動の原動力を得るためには大切なことなのではないかとも思います。

(先に書いた、深み・親しみもここからつながってゆくかもしれません。)

 

以上、2016年3月のお知らせでした。