読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AYUTANINATUYA

20代の工場作業員だってこんなことを考えている

FFTA・1(所感想)

f:id:ayutani728:20160404214413j:plain

WiiUバーチャルコンソールファイナルファンタジータクティクス アドバンス』を

購入しまして、その感想をまとめてみます。

このゲームのあらすじは、

このソフトは、2003年に発売されたゲームボーイアドバンス用のシミュレーション

RPGです。

"FINAL FANTASY"と呼ばれる一冊の本によって、セント・イヴァリースの街は一変した。

そこは誰もが夢に見ていた、剣と魔法の世界。

さまざまな種族が行き交い、

白銀の騎士が秩序をもたらす世界。

そんな世界で、2人の男の子と、1人の女の子は

それぞれの想いを胸に、それぞれの大冒険をはじめる……。

※当時のパッケージ裏面に記載された文章をもとにしています。

WiiUソフトウェアより引用)

FF版の戦略シミュレーションゲームです。

名作と名高い『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』からシステムを引き継ぎ、

第2作目として発売されたソフトです。

 

僕自身、『獅子戦争』と『A2 封穴のグリモア』(FFTAの続編)はプレイ済みですが、

FFTA』だけはやったことがなく、最近になってWiiUのVCで配信されたので

ダウンロードしてみました。

ちなみに調べたところによりますと、FFTAには海外版がありまして、

そのバージョンだと一部システムが調整されたり、ストーリーで新しい仲間が増えたりと、

けっこうな改良が加えられているようですが、本作は初期日本版です。

さらにWiiUのコミュニケーションネットワークであるMiiverseに対して、

本作VCからはゲーム画面の投稿ができない設定になっています。

なのでWiiU版のメリットは、ZL・ZRボタンでのバックアップシステムしかないです。

 

FFTAの大ざっぱな感想は、スマートフォンゲーム黎明期のような操作性の悪さ、

簡素なストーリー、面倒くさいシステムで、とにかく中毒性はある、といった感じです。

「ロウ」という、戦闘ごとに違った行動制限が課せられるのが本作の特徴の1つですが、

このルールによって自軍側の必勝パターンが毎回は通じないので、

色々と戦略を練る必要があり、シミュレーションらしさが出ているポイントだと思います。

 

f:id:ayutani728:20160404214544j:plain

それと本作は様々な武器・防具を装備してアビリティを覚えていくのですが、

ウィンドウが2,3枚開くために武器や防具の情報がとても見にくく、

アビリティの数も膨大であるため武器・防具もかなりの数があるにもかかわらず、

その整理が難しく、検索などのサポートもないところが、正直にいえば不便なのですが、

ちょっと昔のゲームらしい、荒削りな雰囲気があります。

 

敵の行動選択(AI)はそれなりに賢く、バトルバランスはそれなりに保たれています。

オーバーフローによるバグはあるそうですが、普通にプレイする限りでは問題ないです。

そしてどうやら、FFTAにはかなりのやり込み要素が詰まっているようであり、

もしかしたら相当に熱中してしまう人が居るかもしれないゲームです。

 

 

ニンテンドープリペイド番号 1000円 [オンラインコード]

ニンテンドープリペイド番号 1000円 [オンラインコード]