AYUTANINATUYA

20代の工場作業員だってこんなことを考えている

ジュウシマツの歌

鮎谷ナツヤです。今回はブログタイトルの説明をします。

  

なぜ「ジュウシマツの歌BLOG」にしたのかといいますと、

個人的に音の感じが、良いな、と思ったからです。

以前から「カノッサの屈辱」とか「炭鉱のカナリア」とか「囚人のジレンマ」みたいな、

カタカナと漢字の組み合わせが好きでしたし、

その中に含まれている意味を単語が上手く閉じ込めている気がして、

見つけたらその都度メモしてしまう性格をしています。

 

 【ジュウシマツの歌】というのはジュウシマツという鳥のさえずりのことでして、

東京大学の岡ノ谷教授によると、

この鳥は複雑な構造をもった文法的な歌をうたうそうです。

歌が複雑なほどモテると考えられていまして、

人の言葉の起源につながるかもしれないそうです。

 

 話を少し戻して、なぜ「ジュウシマツの歌BLOG」にしたのかといいますと、

やっぱり語感の良さが際立つからなのですが、

ジュウシマツの歌のようにこのブログの内容も複雑化してゆくはずなので、

先手を打つ意味も込めてタイトルに採用しました。

  

それと名前、鮎谷ナツヤについて、ペンネームです。

今後の想定としては鮎谷を名乗っている本人がその者として、

つまりは現実の人間関係や社会関係をもとに話が進んでゆくはずですが、

本名だと同姓同名の方に迷惑がかかるかもしれないので、

主要な検索エンジンでヒットしなかったこのペンネームで書きます。

ペンネームの由来も語感の良さと、“被らなさ”からです。

 

 ブログと同時にTwitterも開設しました。

今は新しい記事の投稿をお知らせすることしかしていませんが、

もしよければフォローしてください。

 

 

東京大学 Top-PukiWikihttp://marler.c.u-tokyo.ac.jp/pub/jp/

Twitterhttps://twitter.com/AYUTANINATUYA