AYUTANINATUYA

脱サラ・アラサー大学院生。日記と、趣味のゲーム・書籍・漫画などのサブカルを発信してます。

<物語>シリーズぷくぷく『メリークリスマス!福とプレゼントをお届けしますよ』あとがき

 

f:id:ayutani728:20181225232130j:plain

 最後に笑う者がもっともよく笑うという言葉がありますが、この言葉をサンタクロースなりに解釈すると、最後さえも笑うなということになりかねません。笑う門には福来るとも言いますけれど、しかし迂闊に笑ったのちに、その先の曲がり角で福ならぬ災いが待ち構えていることもありがちですし。来年のことを言うとサンタクロースが笑うと言っても、そのサンタが最後に笑うサンタだとは限りませんし、笑ったサンタがその後、先見の明がないと笑われるということもまた、世の中にはありがちです。プレゼントを笑うものはプレゼントに泣く? これもまた、最初に笑った者が最後に泣いたパターンと言うこともできそうですけれども。

 

f:id:ayutani728:20181225232854j:plain

 タイトルのイベントはiOS/Androidゲームアプリ『<物語>シリーズぷくぷく』の期間限定イベントとして開催されました(2018年12月12日~2018年12月25日)。アニメ『偽物語』に登場する阿良々木火憐・月火のファイヤーシスターズがサンタになってクリスマスプレゼントを届けようとするものの、届け先がわからないので、地図「X(クリス)マップ」を集めてプレゼントを届ける手伝いをする、という趣旨です。原作小説ではクリスマス前後の出来事が(現時点では)語られていませんが、もし短編として収めるなら帰するところ近しいストーリーに仕上がるのではないでしょうか。あるいはキャラクターの特性を鑑みると、「八九寺真宵がプレゼントの届け先に迷う」というのは骨子に合致しているように思います。

 

f:id:ayutani728:20181225233036j:plain

 イベント限定について、ぷく札では『戦場ヶ原ひたぎ〈メリークリスマス〉』と『神原駿河〈メリークリスマス〉』が追加され、ガチャ回数の関係で”サンタ神原”のみ入手しました。想絵馬では『二人だけのSilentNight』がガチャ、『あわてんぼうシスターズ』と『お届け先は迷いませんよ?』がゲーム内交換所に追加されましたが、スキル内容が微妙なのでウィークリーミッションをクリアする程度に引きました(出ませんでした)。

 

f:id:ayutani728:20181225233359j:plain

 イベント進行について、特別イベントステージ(通常6+SP1エリア)が設けられ、各パズルクリア条件を達成して「プレゼント」や「Xマップ」といった交換アイテムを集めてゆく、という前回までの「ハロウィンイベント」や「クビキリサイクルスペシャルイベント」と同様ですが、ゲーム面がよくなった前回よりさらにシステム面で改善していて、

  • イベントステージ画面からメニューが開けるようになっている
  • サプライズステージが出現すると自動的に挑戦画面に移行する
  • ぷく指定条件を満たしているか判別しやすくなっている

と次々にパズルをしたくなる仕掛けが組み込まれています。
 ただ一方で、”ゲーム面”では直してほしいところ、前回より難しくなったところもあり、

  • ぷくを○○○個消去する系のクリア条件(パズルしない内容)を止める
  • フィーバー累計60回、マイぷくスキルを累計60回発動など、いくつかのステージクリア条件の冗長化
  • ボーナスステージの累計サイズクリア基準が前回:1500から今回:2500に高難易度化

といった部分は改めていただきたいです。特にボーナスステージの基準が上がることでクリアボーナスの「Xマップ」を受け取る機会が減り、結果として交換所アイテムを入手しづらくなっています。

 

『ぷくぷく』全体に言及すると、定期的に新キャラクターを追加したりキャンペーンを実施したりと、適度に活発で安定していると思います。また、「フレンドへのハートドーナツ一括送信」、「プレゼントボックスのハートドーナツ受取の可否」などユーザーからの変更要望を取り入れ始めるなど、細々としたシステム改善には感心させられます。ただ一方で、相変わらずガチャのピックアップ確率が低めに設定されており、さらにはキャラクターが増えてきたことにより育成管理も難しくなっている傾向があります。
 一応のオプションとして、例えばあるキャラクターを持っていない場合はそのガチャ当選確率を14%とし、持っている場合は7%にするなどの確率変動制を採用するのがいいと考えます。そうすれば、キャラクターを揃えたいライトユーザーには気軽にガチャにチャレンジしてもらえますし、いわゆる”上位勢”はキャラクターを育てるためなら多少の低い確率であってもガチャを回し続けるでしょう。先日に追加された”ぷくピース”を”虹ぷくピース”に交換する機能も、プレイヤー当人にとってはハズレであるものを有効に活用できる”天井”が設けられたといえるので、確率変動制とガチャ天井の相性は良いと思います。
 ただ、ガチャシステムの面で実施するのは難しいのかもしれません。上記のことを言い換えると”ユーザーによって排出率を操作する”ということです。なので明確な確率説明と厳密な排出管理が必要となってくるわけですが、通称”ドッカンテーブル”を良い方向に利用するということですので、ぜひとも運営には一度考えていただきたいです。

kobuwo.com

 

『<物語>シリーズぷくぷく』もリリースから100日が経過しまして、Google Play ベスト オブ 2018 <ゲーム>キュート&カジュアル部門TOP5にも入賞しました(おめでとうございます)。一方、もうサービス開始からだいぶ時間が経ったので、新規ユーザーの目線には先行者利益は入らず、『ディズニーツムツム』を含めた数あるゲームアプリ、これからリリースされる新作ゲームアプリと比較されながら運営してゆく必要があります。たしかに細かなシステム面の改良も必要ですが、やはり大枠のゲーム構造をいま一度練り直してゆく必要があるかと考えます。そうすれば、自然と来年も楽しいクリスマスが迎えられるでしょう。

 

以下データメモ

ぷく札ピックアップ

  • 戦場ヶ原ひたぎ〈メリークリスマス〉 提供確率 6.06% (神原駿河〈メリークリスマス〉 提供確率 1.01%)
  • 神原駿河〈メリークリスマス〉 提供確率 6.06% (戦場ヶ原ひたぎ〈メリークリスマス〉 提供確率 1.01%)

想絵馬ピックアップ

  • 二人だけのSilentNight(☆5) 提供確率 0.57%

 

〈物語〉シリーズ ぷくぷく

〈物語〉シリーズ ぷくぷく

Aniplex Inc.無料posted withアプリーチ