AYUTANINATUYA

脱サラ・アラサー大学院生。愛知県在住。日記と、趣味のゲーム・書籍・漫画などのサブカルを発信してます。

ライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (12)』感想

f:id:ayutani728:20171018224936j:plain

 渡航によるライトノベルやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (12)』を読み終えまして、感想を綴ります。

 

ライトノベルやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (12)』あらすじ

 たとえ、その選択を悔いるとしても
 バレンタインデーのイベント、水族館での雪の日を経て、自分たちが踏み出すべき一歩を定める八幡たち。そんな奉仕部に、ある大きな依頼が持ち込まれる。その依頼に対して、雪乃が決意と共に出した答えとは……。――たとえ、その選択を悔いるとしても――。時間の流れがいつか自分たちを大人にするのかもしれない、出会いと別れを繰り返して人は成長するのかもしれない。でも、いつだって目の前には「今」しかなくて――。それぞれの想いを胸に抱えながら、八幡、雪乃、結衣が選ぶ「答え」とは。新たなる青春群像小説、物語は最終章へ。
ガガガ文庫より引用)

http://gagagabunko.jp/newrelease/index.html

 俺ガイルシリーズの最新巻です。第11巻が発売されて(2015/6/24)から約2年振り(2017/9/19)になっています。表紙は第8巻以来の雪ノ下雪乃です。ネタバレになりますが、本巻ではシリーズが完結しないのに、ゆきのんを最終刊の表紙に温存しなくても大丈夫なのでしょうか?
 内容は11巻の終わり、雪ノ下の依頼を聞いてほしいというところから始まります。簡単にまとめると家の跡継ぎになりたいということなのですが、刊行ペースの開き具合に加えて、12巻での比企谷たちの歯切れの悪さ、さらには夏休み辺りから冬休みまでの出来事(4~11巻)を回想し始めます。発刊が遅れたとはいえ、いくらなんでも巻き戻りすぎてテンポが悪かったです。そんな頃、一色いろはがプロムナード(舞踏会)をやりたがり、それに奉仕部が付き合うものの、様々な問題が起こり始めて……というストーリーです。プロムの開催が軸になってくるのですが、300ページ超費やして計画練り直しに終わります。そして登場人物たちの気持ちの落とし所が用意されておらず、あまり読後感のよくない内容になっています。

 

感想

 最終章の中盤ということもありますが、読んでいてとてもフラストレーションが溜まります。比企谷はじめ各人の性格が丸くなってしまって、痛々しいくも熱のある群像劇が薄れてしまっています。一応、「なぜいろはすはプロムをやりたいのか?」という内心が隠れたままなので、それが続巻で爆発すると思いますし、登場人物たちも各々が悶々としたものを抱えているようなので、完結するならば思いっきり喧嘩して徹底的に青春するのではないでしょうか。そういう意味ではとても続きが楽しみな巻でした。
 最終章は比企谷と雪ノ下メインということで、川崎・戸塚・葉山といったキャラクターの発言は控えめになっています。彼らも大小異なるものの、理想とのギャップに悩んでいるようなので、その辺りのフォローもほしいです。
 ストーリーがまじめすぎて笑えるところが少ないのですが、所々にネタやパロディが散りばめられています。『けものフレンズ』が印象的でした。

 2年も期間が空いたのに筆者のあとがきがないのは残念ですが、由比ヶ浜のモノローグ「interlude…」が中盤とラストに挿入されています。由比ヶ浜らしい拙い表現なのですが、彼女がとても悩んでいることがよく伝わってきます。やっぱり三角関係だという自覚を持っていましたか。由比ヶ浜のセリフは個人的にc.v.東山奈央の暢気な感じで脳内再生されるので、彼女は比企谷と雪の下の間の調整役としか思っていなかったわけですが、interludeを読むとそんなに単純ではないことがわかります。むしろ単純であってほしかったと願うくらいです。

 

 12巻は、この巻だけでは意味がありません。完結して初めて価値があります。まだ購入していない人はそのまま様子見するのがいいでしょう。冒頭に復習するシーンもあることですし、最終刊の発売が告知されたところで一気読みするのが最善手だと思います。