AYUTANINATUYA

脱サラ・アラサー大学院生。愛知県在住。日記と、趣味のゲーム・書籍・漫画などのサブカルを発信してます。ニコニコ生放送にてよく投稿記事を生執筆している。

ポケモンGO

f:id:ayutani728:20170930173310j:plain

 この秋からスマートフォンゲームアプリ『PokémonGO』(以下「ポケモンGO」)をプレイし始めました。
 相当有名なアプリなので詳しい説明は省きますが、スマホの位置情報とARを組み合わせることで、あたかも現実世界にポケモンが現れるようになり、それらをゲットしたり戦わせたりするゲームです。自分も配信開始当初はやっていましたが、その時はまだ内容の成熟度が低く、また位置情報の都合ゆえに外出する必要があったのですが、(7月で)暑くて楽しめる余裕がありませんでした。その他、ゲーム情報が整理されていなかったり、スマートフォンの電池消費が激しくて長時間プレイできなかったりする問題もありしました。

 

 しかしながらサービスがはじまって1年以上が経過し、ゲームの面白みが深化し、攻略情報やコミュニティも整理され、デバイス面の課題も解消されつつあることから、本格的にプレイしようかなと思い始めました。
 それと自分はインドア派で運動嫌いなのですが、「ゲームが好き」という嗜好をポケモンGOによってウォーキング・ランニングへ上書きできないかと考えたからです。過去にはいわゆる「ゲーム廃人」みたいな生活をしていた頃があって(今でも時々そうだが)、その時期を後悔しています。しかしゲーミフィケーションのような作用で今後によい形でつながってゆけば、過去の行いを肯定できるようになってゆくと思います。ポケモンGOには心身共に健康的になる効果があるらしく、その辺りを実感してレポートしてゆきたいとも考えてゆきます。

news.mynavi.jp

 

 原作であるポケットモンスターシリーズも過去にはやり込んでいたので(初代~BW1まで)、おおよそすべてのポケモンの名前とタイプの知識はあります(プリンをはじめとするフェアリータイプのポケモンとその相性だけまだすんなり理解できていない)。ポケモンGOにも”種族値”や”個体値”みたいなものがあってややこしいのですが、つまるところ対戦においてはCPと技構成、そしてタイプ相性に単純化されているのでそれほど難しくないです。原作シリーズをやったことがない人でも、主要ポケモンのタイプだけ覚えればなんとかなると思います。

 プレイ環境について。スマートフォンHUAWEI P10 lite(AndroidOS 7.0 RAM 3GB)、名古屋市在住、快適なランニングのためランニングシューズなどを揃え、ポケモンゲット効率化のためにPokémon GO Plus(スマートフォンの画面を見なくてもポケモンGOをプレイできる時計型Bluetoothバイス)も購入し、ゲーム内課金も行って各種アイテムを手に入れました。準備費用としてはかなりの金額になってしまいましたが、元々ランニングそのものが低コストですし、将来の健康への先行投資としてみれは安上がりかなと考えています。

 そして、実際にランニングしながらポケモンGOをプレイしてみました。最初の頃はスマートフォンのバッテリーよりも圧倒的に早く自身の足腰が限界を迎えてしまい、さらにはその筋肉痛で1日おきにしか走れませんでしたが、今では慣れてほぼ毎日プレイできるようになりました。さらに効率よく長時間プレイできるようになるために、ランニングのフォームにまで気を配るようになりました。ゲームへの執念は恐ろしいです。

 

f:id:ayutani728:20170930173724j:plain

 しかしゲームではあっても楽しいことばかりではありません。実際にプレイしていても実感しますが、トレーナーレベル(TL)が20を超えたあたりから上がりにくくなっています。それはレベルアップの必要経験値量をグラフ化すれば一目瞭然です。TL30からはさらに上がりにくくなっていますが、それ以上のプレイヤーは強いポケモンをゲットしやすいためにジムバトルやレイドバトルに参加しやすく、またそのためにポケモンを集めるという動機があります。しかしながらTL20~30のプレイヤーはそれほど強力なポケモンを入手しにくいために前述の対戦に参加しにくく、つまりは今まで通りの乱獲か図鑑コンプリートに勤しむしかありません。正直いってゲームに飽きてしまいます。

 

f:id:ayutani728:20170930173943j:plain

 ということで、少しポケモンGOに嫌気が差してきましたが、TLは25まで上がりました。効率的な経験値稼ぎ法はありますが、結局は本人の歩行距離に依るところが大きいと思います。ポケモンGOには課金もゲームセンスもほとんど必要ありません。近頃まれにみる努力主義のゲームです。なのでTL30を目指してがんばって運動します。