AYUTANINATUYA

脱サラ・アラサー大学院生。日記と、趣味のゲーム・書籍・漫画などのサブカルを発信してます。

Diary

新しい執筆方法

毎週コツコツと、ブログを更新するためにデスクトップPCの前に座ってキーボードを打っています。ですが最近、新しい執筆方法を模索しています。

事務所の整理

自宅の一室にある事務所を整理しました。 本題までの導入は長いです。 まず我が家の家族構成について、(母方の)祖父・祖母、父・母、僕の5人暮らしです。祖父母は年金生活で、父は1年前まで建築関係の自営業を、母はその手伝いをしていました。しかし脳溢…

Microsoft Office更新

本当に自分自身だけの話なのですが、最近になってMicrosoft Officeを更新しました。じつはこのブログに投稿する文章はMicrosoft Wordで一通り書いて、それをはてなブログ上にコピー&ペーストしていたので、もしかしたら旧Word(2007)と新Word(2016)では少…

城崎旅行記

社員旅行で城崎に行ってきました。 小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫) 作者: 志賀直哉 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/04 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 96回 この商品を含むブログ (86件) を見る 個人的に「城崎」と聞いて真っ先に思い浮かぶ…

夏は原付に乗って/2016年8月の短文集

シャドウバース スマホカードゲーム『シャドウバース』にはまり込んでしまいました。カードゲームは遊戯王くらいしか体験がない(武藤遊戯が主人公だった頃)自分でも、覚えやすいルールなのに複雑さもあって熱中しています。ちなみにスマホゲームでの初課金…

不安になるサプリメント/2016年7月の短文集

中日対ヤクルト戦 2016年7月22日の中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ第16回戦に行ってきました。結果は、怪我をした川端選手に代わって出場した西浦選手が満塁ホームランを放ち、投げては館山投手が要所を抑えて6-3でヤクルトが勝利しました。僕自身、…

お知らせ:ゲームカテゴリについて/2016年7月

鮎谷ナツヤです。先日、端的にいってゲームをしないためにWiiUを売却したのですが、自宅にはPlayStation4が残っており、その起動頻度が高まってしまいました。元々からPS4はtorneという録画ソフトを活用したアニメ・ドラマ・映画鑑賞機器としての役割が主だ…

まどがたり・あとがたり

2016.5.4~5.8に開催された「MADOGATARI展」名古屋会場に行ってきた影響で、『魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』をもう1度だけ見直しました。その時に考えてた、個人的なアニメ観について綴ろうかと思います。 今思い出せば、アニメを見始めた頃は…

太るためのプロテイン/2016年6月の短文集

・見方の補正 普段はよく洋画SFを見ているのですが、その合間に恋愛映画を挟むようにし始めました。たぶん自分だけの傾向だと思うのですが、SFばかり見ているとどうしてもそのテーマとか設定とかガジェットに注目が過ぎてしまい、登場人物への移入があまり起…

現場研修/2016年5月の短文集

・現場研修 就職先で座学の研修が終わり、工場内での現場研修が始まりました。自分は自身の精神面を上手くコントロールできると自負しているのですが、工場内の異様な環境のせいか、それによるストレスのせいか、肌が荒れてかつニキビができてきました。仕事…

お知らせ:GWの時差投稿/2016年6月

鮎谷ナツヤです。お気づきかと思いますが、当ブログは現在のところ、3日に1記事の予約投稿を行っています。なぜそんなパターンになったのかといいますと、まず自身の文章化するスピードが遅いということが1番の理由に挙がります。タッチタイピングができず、…

お知らせ:ブログ開設1周年を迎えました/2016年5月

鮎谷ナツヤです。表題通り、「ジュウシマツの歌BLOG」は開設して1周年になりました。まず、ありがとうございます。これもたくさんの方々に読んでいただき、自分がブログを続けるモチベーションを保てたおかげです。 そして、これからも「ジュウシマツの歌BLO…

お知らせ:プロフィールを更新しました/2016年4月

鮎谷ナツヤです。4月から地元(愛知県)の化学工場で働き始めました。当然といえばそれまでなのですが、3月に大学を卒業しまして、つまりは「学生」という(とても便利な)肩書きが使えなくなったので、それに伴いプロフィールを更新しているところです。こ…

もっと書きたい/2016年4月の短文集

・メモを取る 多くの新社会人がそうであるように、自分もメモを取り始めました。紙のメモは乱れた字で読めない場合と、ボールペンがどこかへいってしまって書けない場合があります。一方、電子メモはメモしたデータを忘れがちになる場合と、見ている人にメモ…

the last day of my adolescence

2016年3月31日の話をします。 その頃にはすでに大学を卒業しまして、明日には就職先の入社式が控えていたのですが、 やるべきことがたくさんありました。つまり、 ・大学(名古屋)にて生協の脱退手続きをする ・友人の卒業証書を代理で受け取る ・研究室(…

卒業式

このたび大学の卒業式に出席してきました。 冬の渇きのせいでしょうか、桜の蕾も豆粒ほどに凝り固まっている日でしたが、 会場に入って、大学へは学位を貰うために行っていた、その目的がようやく達成できるなと、 式が始まるまでの間は、騒々しい席の一つに…

お知らせ:4月から地元の企業で働きます/2016年3月

鮎谷ナツヤです。はじめに、ここ数週間の更新をサボってしまって申し訳ないです。 端的にいって倦怠期に入っていました。(もう抜けつつあります。) たぶん自分の本名をインターネット検索するとこのブログにたどり着けるはずなのですが、 リアルかネットか…

私の終りとハードボイルド・ワンダーランド

エレベーターはきわめて緩慢な速度で上昇をつづけていた。 おそらくエレベーターは上昇していたのだろうと私は思う。 しかし正確なところはわからない。 あまりにも速度が遅いせいで、方向の感覚というものが消滅してしまったのだ。 あるいはそれは下降して…

クラブ・エヴァ語り

(「エヴァンゲリオンの始点」ポスタービジュアルより画像転用) 会社の研修終わりにクラブに行きまして、そこでカラオケをしているときに 誰かが『残酷な天使のテーゼ』を選曲しまして、そこでさっちゃん(仮称・飯島愛似)が 「これってアニメの曲ですよね…

nasne購入+ドラマ『傘をもたない蟻たちは』所感想

2016年はいっぱいテレビを見ていっぱい話したいということで、nasneを購入しました。 録画テレビのある部屋とパソコン(デスクトップ)のある部屋が別なので、 これまでは部屋間を往復しながら感想を書いていたのですが、これで楽になります。 そしてnasneは…

Reference・2015

書いた話、書いている話、書くだろう話は、少なからず以下のものに影響を受けました。 ニュース、ドラマ、アニメ、ラジオ、音楽、漫画、雑誌、新聞、書籍、および人。 それら全てをカウントすると面倒なので、書籍、映画に絞ります。 2015年に読んだ書籍、観…

第25回キャラクリゼーション講習会

先日、名古屋工業大学にて第25回キャラクタリゼーション講習会が開かれ、 研究の傾聴と発表を行いました。今回はそのレポートです。 今講習会では触媒設計・微視的キャラクタリゼーションの最前線ということで、 工業触媒や環境触媒、さらにはコンピュータを…

ゼミ旅行・山梨県

先日、大学のゼミの方々と一緒に山梨県へ旅行してきました。 ぶどう園やライナリー、かちかち山や工場見学などたくさん巡ったのですが、 旅行記の代表として鳴沢氷穴の感想をレポートします。

第116回触媒討論会

先日、三重大学にて第116回触媒討論会が開かれ、研究の傾聴と発表を行いました。 今回はそのレポートです。

語りたいもの

近々、ちょっとした発表会がありまして、そのために資料と発表原稿を作っています。 以前から人前で喋ることがあまり得意ではなく、大学のゼミ内での発表でも緊張のあまり 内容をスラスラと説明できなかったのですが、それを補うために発表原稿を書くように …

DASH島におけるポストアポカリプス

この前にたまたまテレビ番組『ザ! 鉄腕! DASH!!』を見てました。 その回には人気コーナー『DASH島』がありまして、 「この島はどこにあるのだろう?」「TOKIOの5人のスケジュール合わせが大変そう」 とかを思いながら、画面の中ではTOKIOが晴天の中で石…

語りえぬもの

先日、大学のゼミにて前期研究報告のプレゼンが終了し、 (順番としてまだの人も居るので、あまり大声ではいえませんが、) 僕としては夏休みに入りました。 就職活動だったり、研究が上手くいかなかったり、さらには研究する気がなかったりと、 その前期研…

喉がガラガラ

鮎谷ナツヤです。最近の寒暖差ですっかり風邪を引いてしまいまして、 動ける程度には治ったのですが、まだ喉がガラガラの状態です。 普段からあまり喋る方ではないですし、大きな声を出す場面も訪れないので、 生活に支障はないのですが、無意識に喉で言葉を…

読書量、しいては

あまり誰かに見せていい話ではないけれども、 書ききらないと僕自身がスッキリしないというのが1番大きな理由で、 2番目は僕の書くスピードがあまり早い方ではなく、 つまり、ある日の話として仕方なく見せざるを得ないかもしれないから、 やっぱり書く必要…

古澤健『ルームメイト』

今邑彩原作で古澤健監督の映画『ルームメイト』をレンタルで手にとって見ました。 映画に限らず小説やドラマでもそうなのですが、僕はあらかじめ頭の中にあらすじや、 もしできればストーリーを入れておくのを好む方です。 理由としては、前知識がある方が作…